価値観を他人にゆだねることの危うさについて






2017年10月05日(Thu)
価値観を他人にゆだねることの危うさについて

秋のもよう替えをしていて
ふと身の回りを見渡してみると、
”過去のじぶん”による
価値観を他人にゆだねていた痕跡が
あちらこちらにあったりするものだから
どんなことがあったんだっけなー、と
ふりかえってみていました。

『価値があるもの』のなかには
他人が価値がある、と きめたものと
一般的には価値がなさそうだれども
じぶんにはどうしても必要なものだ
という2種類にわかれているように思います。

ゲームだと、

『レア』『激レア』『レジェンド』

こういう言葉がついているものは
他人が価値をきめているから
それに乗っかってゆくなら、
そうなんだなと思うしかない。

あそびだからって油断はできなくて
じぶんのあそびかたを持っている人は
激レアカードなんて持っていなくても
持っているものの中で
自由にあそびかたをみつけて楽しんでいるけれど、
あそびかたを他人にゆだねている人は
このレアカードがないとつまらない、って
思い込みからぬけられなくて
苦しむことがあったりもする。

その苦しみは
価値観を他人にゆだねなければ
生まれてこなかったもの、な はずです。

すごく価値があるように見えても
ふと我にかえって
じぶんの価値観と照らし合わせてみると
なんの価値もない、なんてことも
あるんじゃないのかなぁ、

ぼくの経験でたとえると
ある日、学生が2人カットにきました。

席について、
「きょうはどうしますか?」 と訊くと

「友達が短くカットしたほうが似合うっちゃね?
 と言うので 来てみたけれど、
 どうしたいとか思いつきません」

といいました。

それで、
待合にすわっている友達に訊くと
「肩ぐらいの長さで 
 めっちゃ軽くしてあげてください!」と、
カットする本人よりも意欲的です。

ぼくは失敗しないように
少しカットしては「こんな感じ?」と確認して
時間をかけて丁寧にカットしたのだけれど
お客様ご本人は なんともさえない顔をしている。

考えてみれば それもそうだ。
オーダーしたのは後ろにいる友達、
カットしたのは技術者、
本人は価値観を他人にゆだねて
運に身をまかせていた訳だから
第三者からみたら素敵にみえても
本人には違和感しかないことだって
起こりうる。

そこから ぼくは
これをどう解釈しようかと
あれこれ考えて悩んで
ようやく、
『価値観を他人にゆだねることの苦しみ』を
理解しました。

ヘアースタイルであれば
流行を意識することも大切ですが
雑誌をみて
本当にじぶんに似合っているか
髪質に合っているかも相談せずに
オーダーしてしまうのは
たまたま目にとまった雑誌の記事に
価値観をゆだねてしまっているといえるでしょう。

最後に決定したのはじぶん、だから
じぶんの価値観のように 
うっかり 感じてしまうけれども
本当にそうなのか?意識してみると、
おもしろいかもしれませんよ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

プロスポーツ観戦していても、
勝ったのは他人なのに
じぶんが勝ったような気持ちになるよね。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市



   


スキマ時間にサロンで染める
所要時間は全部で約40分
☆『ちょこっとカラー』☆
・白髪部分染め
わけめと顔まわりのみ
1080円
へあーぐーぐー 予約制
0982・35・8547



★★★★★★★★★★★★
植物と暮らしを豊かに
雑誌 Botapii [ボタピー]
は毎号、当店で
無料配布しています。
★★★★★★★★★★★★

カレンダ
2017年10月
5
       

アーカイブ
2007年 (1)
1月 (1)
2014年 (54)
9月 (4)
10月 (19)
11月 (18)
12月 (13)
2015年 (89)
1月 (10)
2月 (3)
3月 (8)
4月 (8)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (5)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (7)
2016年 (241)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (32)
6月 (24)
7月 (21)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (25)
11月 (31)
12月 (25)
2017年 (214)
1月 (28)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (28)
5月 (25)
6月 (14)
7月 (18)
8月 (11)
9月 (11)
10月 (13)
11月 (7)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:50
昨日:1,522
累計:2,236,175