『今日はどんな風にしましょうか?』  - 2015/12

毎日綴る『何気ないこと』たち。




2015年12月30日(Wed)▲ページの先頭へ
ベンジャミン・フランクリンの名言
ベンジャミン・フランクリンの名言

どなたでも これを読んだら、

気持ちが明るくなる言葉が
ひとつぐらいはあると思います。

ベンジャミン・フランクリンの名言集(サイト:地球の名言さま)
↑リンク先参照

とくに 僕は、

「準備に失敗することは、失敗することを準備しているということだ」

この言葉が好きというか、今すごく役に立っています。

僕なりの解釈ですが、

この『準備』とは失敗しないための予防策です。

ということは、

どうなったら失敗なのか? が わかっていないと

準備のしようが有りません。

『ころぶ』が失敗なら、ころばないように工夫するとか

ころんでも怪我しないように工夫するとか。

その工夫するアイデアが準備なのであって、

使いそうな道具だけ用意して

「よし!次は絶対に失敗しない」と気合を入れたところで

本質的には成長していないという訳です。

失敗した記憶を 何度か たどって、

そうならないような工夫や、

そうなっても大怪我しない対処法を

思いつくたびにカルテに書きとめてあります。

以前は単純に施術した内容を書きとめていたので

一回書いて おしまいだったのですが

今は書き足し、書き足し してるので

アイデア満載になっています。

過去にかいた恥が 未来を切り開くアイデアに変わるとは

なんとも不思議な話しです。

失敗や恥やトラウマだって、役にたつこともある。

今日は、そういうことが言いたかったのかもしれない。

ご来店してくださる お客様がいることで

努力は報われています。


2015年12月24日(Thu)▲ページの先頭へ
レストラン店主の一言
めったに行かないレストランで食事していたら

斜め前のテーブルで3人の子供を連れた女性が

驚いたような悲鳴をあげた。

よく見るとその座席の床をゴキブリがのそっと歩いている。

真冬だからか、元気のない動き方だ。

子供達は興味があったのか楽しそうだったが

うろたえ気味の その女性は、

もうありえないという感じで 店主を呼んだ。 

しかし なかなか やって来ない。

すこし間があったので、

もし、自分が店主だったら 

この局面でどう対応するだろうか?とか

斜めうしろのテーブルで 一人、とんかつを頬張りながら

この騒動の先を、ちょっと考えた。

そして、いろいろ考えているうちに

店主がやって来て言った言葉は

『あんまり寒いから、入って来ちゃったのかなぁ?(ニコリ)』

まさかの

ごきぶり目線!? なの か?

そう言われたら 確かに 外はすごく寒いし

ごきぶりさんには お気の毒・・的なムードになっている。

そして、奥からティッシュを持ってきて

手早く片付けてしまった。

うーん、

鮮やかといえば鮮やか

誰も怪我しないという意味で。

きっと この店主、

何十年も営業している中で

何度もこんなケースにでくわして心得ていたのかも、

なんだか、いいもの見せてもらった気がした。



2015年12月20日(Sun)▲ページの先頭へ
年内は平常どおり営業します。

正月は店内の模様替えなどをしたいので
1日から5日までお休みする予定です。

そろそろ 来年のことを考えるというか、
そういう時期ですね。
寒さも本格的になりました。

おでんのたねを
鍋に放り込んでいるだけなのに
幸せ。

写真 1
こんにゃくをたたく

食感が柔らかく、味がしみやすくなる。

大根は別の鍋で一回茹でてから、などと

ネットでかじった知識の寄せ集めで作ってみたら

結構いいものが出来上がりました。

ためしに入れてみた タコとアルトバイエルンが

意外に美味でした。

写真 1
日本人は先祖代々、
だしのきいた料理を日々の楽しみにしているんですよね。

ご先祖さまは、こんな寒い冬にどんなものを食べていたんでしょうね。


2015年12月18日(Fri)▲ページの先頭へ
映画「インサイドヘッド」を見ました。
ディズニーピクサーの映画「インサイドヘッド」を見ました。



一人の女の子の中のいろんな感情がキャラクターとして描かれていて

大人でも楽しめる

ちょっぴり涙の 良い映画でしたよ。

喜び、怒り、悲しみ

感情は無意識にわいてきてしまいます。

その中でも イライラ、不安、怒りは、

いきすぎると、人によっては暴力や暴言、無関心に発展して

関係性が良くない方向に変わってしまうこともあります。

大切な家族や友人、仕事の仲間を

自分から遠ざけてしまうようなことにならないためにも

不安や怒りの対処法は いくつか持っておきたい。

そう思って、今は不安や怒りに関する本を見つけたら

なるべく読んでいます。

直近でいいなと思ったのは、こちらの本↓



タイトルがそのまんまでわかりやすかったです。

こういう分野を最近ではアンガーマネジメントというそうですよ

怒りについての本はおよそ2000年前から書かれていたというのに

僕が知ったのは、ほんの数年前ですから

まだまだ、これから広まることでしょう。

欧米で銃を乱射していた人や自爆した人たちも

いっしょに学んでほしかった。


2015年12月09日(Wed)▲ページの先頭へ
美容室はアマゾンに出店できるのか
アマゾン co jp でお坊さんが呼べるようになっています。



そのうち美容室もアマゾンに出店するかもしれませんね。

たとえば 僕は、家で待機していて、

アマゾンから依頼が来たら、出向いていって

カットなりカラーなりをするとか。

でっかいアマゾンの箱に入って送られるのも面白そうですが(笑)

「長いものには巻かれろ」ではないけれど

時代の流れだというのなら、その時は受け入れようか

どうしようか悩みますね。

アマゾンに並ぶというのだから、

当然 レビュー(評価)が書かれる訳で

職人は上手くなる過程でどうしても波があるから

☆の数 気にしてもしかたが無いのだけれど

気になってしまうだろうなぁ。

☆1個とかきたら、凹むでしょうねぇ。。

たぶん、やらないだろうなぁ(笑)

本日もご来訪ありがとうございます。


2015年12月08日(Tue)▲ページの先頭へ
『記憶破断者』

今日読んだのは小林泰三(こばやしやすみ)さんの

『記憶破断者』 
写真 1

ひさしぶりに小説読みました。

このかたの作品は、ちょいちょい読んでいますが

いまのところ どれも面白い。

記憶の描写を想像すると楽しくなる作品でした。

最後の一行がなんか意味深で

もう一回、読みたくなりましたよ。

殺人鬼はでてきますが

襲ってくるというよりは

記憶を書き換える。。ので 何がおこるのだろうかと

静かに ドキドキ ハラハラします。

時間軸が何度も元にもどる展開も

上手かったです。

本日はご来訪ありがとうございます。


2015年12月02日(Wed)▲ページの先頭へ
トマトの自動販売機


舞野町の自動販売機

こういうのがあったんですね。
写真 2

朝とれたトマトが5個入りで200円
写真 3

キュウリは6本で200円
写真 4

舞野町のかたはご存知でしょうけど
今まで、何かのロッカーだと思っていました。
そう思って見ると、『とまと』の文字が。
写真 1

まさか、お野菜売っているとは。

トマト美味しかったです。


   


スキマ時間にサロンで染める
所要時間は全部で約40分
☆『ちょこっとカラー』☆
・白髪部分染め
わけめと顔まわりのみ
1080円
へあーぐーぐー 予約制
0982・35・8547



★★★★★★★★★★★★
植物と暮らしを豊かに
雑誌 Botapii [ボタピー]
は毎号、当店で
無料配布しています。
★★★★★★★★★★★★

カレンダ
2015年12月
   
   

アーカイブ
2007年 (1)
1月 (1)
2014年 (54)
9月 (4)
10月 (19)
11月 (18)
12月 (13)
2015年 (89)
1月 (10)
2月 (3)
3月 (8)
4月 (8)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (5)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (7)
2016年 (241)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (32)
6月 (24)
7月 (21)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (25)
11月 (31)
12月 (25)
2017年 (214)
1月 (28)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (28)
5月 (25)
6月 (14)
7月 (18)
8月 (11)
9月 (11)
10月 (13)
11月 (7)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:52
昨日:1,522
累計:2,236,177