『今日はどんな風にしましょうか?』  - 2016/03

毎日綴る『何気ないこと』たち。




2016年03月31日(Thu)▲ページの先頭へ
「いよいよ」の向こう側。
写真 1

わかっちゃいるけど 本当にやめられない。
 
そういう問題と向き合っている人は
それなりにいるんじゃないのかなぁ。

もしくは、
まだ気づいていないだけっていうのも あるかもしれない。

そういう時、
本当に「いよいよ」という感じにならないと
なかなか 思い切った決断や行動をとるのは難しい。

「いよいよ」という限界のようなものが見えたときに
おぼろげだった境界線が リアルに感じとれて
考え方を見直しはじめる仕組みが
人間には備わっているような気がする。

僕がたばこをやめてしまったときは、
肺に5ヶ所も穴があいて、
あまり良くない意味で「いよいよ」を感じたときだった。

何度も禁煙にチャレンジして失敗をかさね
たばこは本当にやめられない と思っていたけど
その「いよいよ」感が
新たな視点を与えてくれたように思う。

結果的にたばこをやめることはできたのだけど、
低下した呼吸機能が回復するのに
たくさんの大切な時間を失ってしまったので
その「いよいよ」をもう少し早く
感じとれる方法はないものだろうかと
日々考えるようになった。

まだ、具体的にどうしたらいいのかは
わからないけれど、
これは現代人がかかえる
難しいテーマのひとつとして
みんなで共有していたら
何か ひらめくことも きっとあるはず。

本日もご来訪ありがとうございます。

「いよいよ」から学べることも多いですよね。




2016年03月28日(Mon)▲ページの先頭へ
口内炎にワセリン

今日は、
口内炎で口の中がチクチク。。
していまして、

で、 

そういえば! と思ったのが

白色ワセリン。

写真 1

キズには湿潤療法がいい。と

夏井睦 医師の講演を思い出したのでした。


興味のあるかたはどうぞ。

早いはなし。

口内炎にワセリン塗ってみたら 効きました。

白色ワセリンは薬局で買えて

キズ、あかぎれ、火傷に口内炎にも効くのだから。

一家にひとつ 持っておいて正解ではないかと思います。

本日もご来訪ありがとうございます。




2016年03月23日(Wed)▲ページの先頭へ
ひなたぐち。

写真 1

かげぐち は
ストレスの発散にはなるんだろうけれど
たいていは なにげない会話のなかで
その場にいない人の話題から 
誰かを孤立させたり、
チームが分裂したりしてしまって
後の人間関係を悪くしてしまうような
雰囲気を作っている気がする。

今日、ふと思ったのは、
その逆をやってみたら、どうなるんだろう?
ということ

かげぐちの反対 だから、
ひなたぐち。
その場にいない人の話題になったときに、
とりあえず ほめたら どうなるか。

かげぐち とちがって
感情から無意識的にでてきたりはしないから
はじめは 難しいかもしれない。
けれども
ほめるために 良いところを探さなくてはいけないから
そのぶん、
その人の悪いところが見えなくなって
結果的に 関係性が良くなって
その人を含めた 周りの人たちの
幸福や人格に影響するんじゃないかなぁ、と
思うのですよ。

人間関係がくずれてしまったら
それを 修復することは すごく大変ですよね。
あきらめてしまうことも 多いです。

だからこその知恵 というのも
探したら他にもありそうな気がしています。

パッと思いついたのは
ネットでの ひなたぐち。
掲示板でほめる 
というのは どうでしょうね。

もし、書かれている本人が目にすることがあったら、
その人間関係は もっと強力になりそうですけど
よかったら どなたか 
やってみて頂きたいなと思います。

本日もご来訪ありがとうございます。

ひなたぐち。
自然にできる人になれたら素敵だろうなぁ。


2016年03月21日(Mon)▲ページの先頭へ
ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち
ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち
を読みました。

写真 1

ヘッジファンドってなんだろう?と
興味を持っている人なら、
読んでいるうち 前のめりになるかもしれない。

ヘッジファンドの中の人の物語が
事実と実名で描かれていて
たいへん面白い内容です。

はぁ。。

ウォール街のエリートビジネスマンは
こうやってボロ儲けしていたのか。
なるほど。。と

その手法がわかるにつれ面白くなる。
そういう感じでした。

リーマンショックとかサブプライムショックとか、
我々の知らないところで
大きな経済崩壊が起きていたのかと思うと怖いですよね。

本日もご来訪ありがとうございます。

なんとかショック、とか
知らないほうが幸せかもしれない、
面白かったけど。(笑)







2016年03月19日(Sat)▲ページの先頭へ
スマホゲームについて
スマホゲームの
ガチャは楽しい。

gachagacha_ataranai

けれども、
望まないキャラばかりでるとなれば
果てしなくお金を使ってしまいそうで怖い。

やまもといちろうさんのブログを見て思ったのですが。

今のスマホゲームの収益は
ガチャという
あまり 子供にはさせたくないギャンブルに
依存しています。

パッケージのゲームよりも普及しやすい点で優れているから
しかたのないことなのだろうけれど、
できたら、楽しいはずのゲームで
被害者を作らないような方向にしてもらいたいものですよね。

最近の僕は スマホのゲームで遊ぶとき、
課金しないコツのようなものを
考えながら遊ぶようにしています。

たとえば、ガチャを回すとき、

1、あまり良い結果を期待しない。
  期待しすぎると感情のスイッチが入って
  つい課金してしまいます。

2、出てきたキャラの良い所をじっくり探す。
  今ある状況に良い意味を見つけると
  一時的に満足できて、
  勝負に熱くなることを防ぎます。

3、そういう過程を楽しむようにしている。
  結果を求めすぎると、
  引くに引けない状況が生まれてよろしくありません。

こうやって でてくるアイデアは
自我をコントロールするのに役立つので
ゲームに限らず、
欲望のからむ様々な状況で使えるように思います。

自我のコントロールって難しいけれど
それをゲームでマスターできたら、
なんかいいですよね。

本日もご来訪ありがとうございます。

すでに悟っている人もいれば、
わかっちゃいるけど、やめられない人も
いるんだろうなぁ、たぶん。





2016年03月10日(Thu)▲ページの先頭へ
目にゴミが入ってわかったこと。
夜中に 目が覚めて
トイレへ行こうと思いつつ、
目を軽くこすったら
ゴミか何かが入ったらしく
いきなり、まぶたの裏がゴロゴロしはじめた。

かなり痛くて
しばらくパニックを起こしたものの
なんとか冷静さをとりもどして、

『目にゴミが入った』とネットで検索

ほっとけば治ります。
これが最初のこたえ。
そんなはずもなく、(笑)
翌日も痛かった。

次に
コップの水と綿棒でマツゲをとりましょう。
と書いてあり、
そのとおりにやったら 
まぶたの奥にはさまっていた
枝毛になっているまつげがとれました。
これには ちょっと感動!

ところが、
どういう訳だか まだコロコロするものがある。

そこで ひらめいたのが
パーマ液を入れるスポイドに水をいれて
眼球をしっかり水洗いしてみる方法

それで、2回ほど 洗ってみたけれども、 
まだ コロコロする。

もう原因は 目の中のゴミではなさそう。

ということで
さらにネットで検索。 

角膜に傷がついているとコロコロするらしい。
もし、そうなら 
間違いなく眼科に行ったほうがいいのだけれど
まだ あきらめきれない(笑)
一応、薬局に行ってみたら
角膜を修復する目薬があったので
買ってみるも 効果は よくわからない。

さらにネットで検索したら
さかまつげ というのがあった。

ためしに まつ毛を引っ張って眼球を動かしてみたら
コロコロしない。

逆まつげ説 濃厚である。

原因がまつ毛ならばと
まつ毛をしばらく引っ張っていたら
2分とかからずに 治ってしまった。

2分で治る方法を発見するのに
2日間苦しんだ。フー

けれども、
あきらめない事を楽しむように やってみたら、
なんとかなる
 という。
ひとつの教訓になったような気がしましたよ。

本日もご来訪ありがとうございます。

あきらめの悪さも 良いときがあるんですね。
検索は はしごしたほうが いいかもしれません。




2016年03月04日(Fri)▲ページの先頭へ
サプライサイド・エコノミー
今日読んだのは
『富と貧困 供給重視の経済学』です。
テロや難民なども貧困が原因だと言われていますよね。

写真 1

貧困の原因は 意外にも 富にあると書かれています。
富が大きいほど、貧困も大きくなる。
関係があるんですね。
なかなか面白い内容でした。
富をコントロールすることは市民には不可能でしょうね。
国から金持ちだけ税金とってもらうか
日銀からお金を大量に投入してもらって
インフレにしてもらうしかないように言う人もいますが
どうでしょう 僕には わかりません(笑)

景気をよくするなら
制度をいじるだけでは駄目じゃないかとは思います。

そういう意味で
この本のもう一つのテーマである
供給側の経済学なら希望がもてそうです。

これは、どういうものか?というと
ソーシャルゲームで例えてみますね。

ネットでユーザーの反応をみながら
追加で人気のある絵師に描いてもらったり
希望の多い声優に声をあててもらったりと

供給側がより売れ易いものを作っている。
ユーザーがより楽しくて欲しくなるものを作っている。

ゆえに、お金を湯水の如く使う人が増えて
経済が上向きになる、という訳です。

これが たこ焼き屋さんにだって当てはまると思うのですよ。
「どんな具がいいですか?」とか、
「どんな焼き方にしますか?」とかね。
そこで価値が生まれる訳だから。

これが供給側に何の創造性もなかったとしたら
ただ安くてお粗末なものにしかならないでしょう。

読んでみて感じたのは

富の再分配がされやすい社会制度
 + 
供給側の経済学 という状態が

一億総活躍社会に必要なのかなと思いました。

本日もご来訪ありがとうございます。




2016年03月01日(Tue)▲ページの先頭へ
「とりあえず、5年」の生き方。
今日、読んだのは
諸富祥彦さんの
「とりあえず、5年」の生き方。

写真 1
「五年後の自分」
五年後の自分に会うことはできませんが
特に事情がないかぎり、
五年後も生きていると思うので
計算上は存在しています。

そういう意味では
ご先祖様もそういうことになるのかな
計算上は存在している訳だから。
昨日の自分も、明日の自分もそうですね。

それで、ちょっと面白いことを考えました。

五年後にアメリカに旅行に行こうと決めて
旅費を貯めたり、英語を学んだりする としたら。

そうなった時、今の自分というのは
計算上存在する未来の自分が操作している
アバターのようなものじゃないだろうか?
ということです。

五年後の自分を通して生きているので
未来の自分が持っている価値観を計算しながら生きている。

これを簡単にまとめようとすると
さらに ややこしくなるのだけど、

今の自分が望む
計算上存在する未来の自分が
過去に投影させた自分というのが 今の自分。
ということですよね。

だから、予定をきめて生きている時って
結構すごいことをやっているんだなぁって
思ったんですけど
いかがでしょうか?(笑)

本日もご来訪ありがとうございます。

ちなみに、この本は面白かったです。
一読の価値は あると思います。






   


スキマ時間にサロンで染める
所要時間は全部で約40分
☆『ちょこっとカラー』☆
・白髪部分染め
わけめと顔まわりのみ
1080円
へあーぐーぐー 予約制
0982・35・8547



★★★★★★★★★★★★
植物と暮らしを豊かに
雑誌 Botapii [ボタピー]
は毎号、当店で
無料配布しています。
★★★★★★★★★★★★

カレンダ
2016年3月
   
   

アーカイブ
2007年 (1)
1月 (1)
2014年 (54)
9月 (4)
10月 (19)
11月 (18)
12月 (13)
2015年 (89)
1月 (10)
2月 (3)
3月 (8)
4月 (8)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (5)
10月 (8)
11月 (12)
12月 (7)
2016年 (241)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (32)
6月 (24)
7月 (21)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (25)
11月 (31)
12月 (25)
2017年 (214)
1月 (28)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (28)
5月 (25)
6月 (14)
7月 (18)
8月 (11)
9月 (11)
10月 (13)
11月 (7)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:50
昨日:1,522
累計:2,236,175