『今日はどんな風にしましょうか?』 /一覧

毎日綴る『何気ないこと』たち。




2018年01月10日(Wed)▲ページの先頭へ
1月いっぱいで閉鎖されます。
もしこちらをはじめてご覧になっているかたは
よろしかったら
引越し先のブログへもおこしください。


2017年11月10日(Fri)▲ページの先頭へ
ホームページ移転のおしらせ
来年の1月で
こちらのブログサーバーが
サービス終了することになったので
本日より移転いたします。

どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします。

移転先はこちらです ↓

http://hairgoogoo.seesaa.net



2017年11月09日(Thu)▲ページの先頭へ
幸福に絶対必要なものは…
今日、わかったことは

気づきにはレベルのようなものがあることです。

仮にレベル1から99まであるとしたとき、

同じ条件で同じ出来事に遭遇したとして

レベル1〜10は気づきといっても
役にたたなくて
すぐに忘れてしまうレベルかな

それが
レベル10〜50ぐらいだと
気づきはあっても良い解釈にはならず
後で、
「あ〜腹たつ〜」
「あいつ本当むかつく〜」とか
考えても、考えても
愚痴がでてしまう
低レベルな気づき。

レベル60〜99になると
そう簡単には気づけない気づき
「やった!気づけたよ〜嬉しい!」
「もう、このことで悩まなくてすみそう!」
「良い気づきをもらったわ!」
「あの人には感謝しかないな」
もはや、気づきのマスタークラス

ざっくりですけど、
こんな感じだと思うのですよ。

要するに、人が幸福に生きてゆくのに必要なのは
気づくちから、ではないのかな?

では、どうして
より良い気づきのために
何かを観察したりしないのだろう?

というところまで来ましたよ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ
縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市




2017年11月07日(Tue)▲ページの先頭へ
懸念をもってしまうクセ
どうして人は
懸念をもってしまうのでしょうね

そのときになってみなければ、
実際に行動してみなければ、
わからないようなことであるなら
それは予想でしかないから
いくらでも存在する訳で
そこにエネルギーをまわしてしまうと
無駄に疲れてしまうんじゃないのかな

せっかく、理想的なゴールがあって
そこをめざしているとしても
ネガティブな懸念で足踏みしてしまうと
先に進めない。

懸念は
できることなら
もたないほうがいいんじゃないかな?

そのエネルギーを
ゴールへむかうほうに使っていけたら
いいですよね。

じゃあ、どうして懸念をもってしまうのだろう?

あぁ、文章の最初にもどってしまいましたが

まずはそこから考えないといけないでしょうね。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。
懸念をもっているときのじぶんを観察したら
何か、みえてくるものがあるのかも

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年11月05日(Sun)▲ページの先頭へ
謙虚さ
どんなにひどいめに会っても

「あれは、いい気づきをもらったな」
と解釈すると
たいていのことは
ゆるせるんじゃないかな

それがひどい出来事であるほど
その気づきは大きい訳で
ものによっては
じぶんの中の深い部分に
気づかされることもあります。

さらに、同じ出来事でも
そこに謙虚さをもって思いかえしてみると
普段では気づけないことも発見できたり
しますよね。

謙虚さは
「気づきセンサー」の感度をあげている。
のかもしれませんね

どんなとき 謙虚になっているかなぁ…

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年11月03日(Fri)▲ページの先頭へ
気づきには層がある
言葉で何かを伝えようと思ったとき、

一回の気づきで得た情報と
いくつかの気づきを重ねることで得た情報では
伝えるときの難しさがちがうことに
気がついた。

たとえば、家でトリートメントをしたら
髪がベタッとなった人がいたとして

それなら、
トリートメントが髪に残りすぎているから
という1個の気づきで足りる。

ところが
白髪染めをするのに
毎回毛先まで染めるのはどうしていけないのかを
説明しようとすると
まず白髪染めが
どうやって髪に色をつけているのか?から
説明しなければ
うまく理解してもらえないので
すべてをわかってもらうまでに
いくつかの気づきが必要になる。

なんか、簡単に伝えられるような
たとえ話があるといいんですよねぇ、、

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。
たとえ話の教室とかあったらうれしいなぁ
どっかにないだろうか

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年11月02日(Thu)▲ページの先頭へ
気づき
気づきって何でしょうね、

良い気づき、悪い気づき、

じぶんの外からの気づき、内からの気づき

家族からの、親戚からの、友人からの

お客様からの、とか いろいろですね

会話から伝え聞いた気づきは、
まるで「かたちあるもの」のように
人づたいにじぶんにやってくる。

これを上手に受け取れたり、
伝えることができたら
すばらしいことだと思うけれども

気づき、というくらいだから
スイカ割りのように
相手に気づいてもらわないといけないもので
感情をぶつけたって意味がないことも
あったりするのかなぁ、
なんて考えています。

じぶんがやっているって
相手に気づかれずに気づかせることができたら
すごいなぁって思うのですが

まず、気づきってものがよくわからないのです。

毎日、新しい何かに気づいているのに
不思議ですよね

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市


2017年11月01日(Wed)▲ページの先頭へ
本物のしいたけ
待ちに待った椎茸の季節

ふるさと市場に行ったら
大きな椎茸が並んでいた。

天ぷらにしても美味いが、

今日は これをフライパンで焼いて
少し醤油をたらし、
トマト、レタスといっしょに
マクドナルドの
チーズバーガーにはさんで食べる。

チーズバーガーも
椎茸があるだけで、
なかなかの御馳走である。

パンから椎茸がはみだしている
ハンバーグよりもでかい椎茸。

味も香りも抜群。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市


2017年10月31日(Tue)▲ページの先頭へ
短期記憶がやられている
近頃、町のひとがおかしい。

些細なことかもしれないけれども

買い物をして
すでにポイントカードは通しているのに
「ポイントカードおもちですか?」と
たずねられたり、

今度は別のところで
テイクアウトで注文したのに
「お持ち帰りですか?」と
たずねられたり、

ちょっとひどいなぁ、と思ったのは
500円玉一枚だしているのに
「1000円お預かりします。」って
人もいたこと、

さすがに相手も
「あぁ、私ちょっと疲れているかも…」と
つぶやいていたけれども、

きっと、疲れてすぎて
短期記憶がやられているんじゃないのかな
なんて、ふと思いましたよ。

今、この瞬間を認識するには
短期記憶って大事なんだろうな
もし、これが弱っていたら
めちゃくちゃな『今』の連続を味わうのかな?

まだ、ぼくの中では仮説ですけれども
たぶん世の中の疲れている人たちは
頭を使いすぎている。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。
いまを大事にするってことは
短期記憶を大事にするってことかもしれない。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月29日(Sun)▲ページの先頭へ
いまを大切にしよう。

ボクシングでもサッカーでも
今の状況を把握している選手ほど
キレのある動きを見せてくれる。

もちろん、予測することも大事だけれども
未来は 遠ければ遠いほど、
そのときになって見なければわかならい要素が
たくさんあって
なかなか思いどおりにはいかないもの。

きまりきった内容のことをするのなら
予測していると段取りしやすいし、
便利かもしれないが、

見通しのたたない内容のことなら
予測していたことは
「こうなるはずだった」みたいな
余計な思いこみを作ってしまい
無駄な仕事を増やしてしまうこともある。

家族の未来とか、じぶんの未来とか
一旦こころの中から追い出して
からっぽになった
「今にしか存在しないじぶん」を見つめてみる。

予測ばかりしていて見えなくなっていた
さっきまでのじぶんから抜け出して
今の状況が見えてくると
冴えてくるものがあるかもしれない。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。
ハサミだって
切ることを休んで研ぐときもあるよ。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月28日(Sat)▲ページの先頭へ
理解
痛感することがあると
こんなことは、もういやだと思ったりする。

言いかえると 理解できないことでも
ある程度のことなら
痛感すれば理解できるってことで
いいのかもしれない。

どんな人も
知らないことに対しては
案外、無謀に振舞っていて
そのとき、一瞬ヒャッとすることがあったり
あとから失敗だったと後悔することが
痛感のサインになっている。

つまり、人の無知、無謀さが痛感を通じて
理解へと導いてくれている。

痛感て、できれば避けたいものだけれども
役に立っているんですね。

痛感を覚える出来事は 
その人のレベルによってちがうようにも思いますが
どうでしょうね。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。
じぶんはどんなことに痛感してきたのかが
その人の物語(ドラマ)かな?

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市


2017年10月27日(Fri)▲ページの先頭へ
竹のつえ
ふるさと市場で、

竹のつえ、2本で500円!

安い!なんだかよくわからないが安い。

思わず買った、買ってみた。

何に使おうか?

杖だし、ついて歩こうか、

そうだ、これをついて山を歩こう。

…数日前のはなし、
たぶん、こんな感じだっと思う。

それから、ぼくは毎日、杖を2本もって
山を歩くようになった。

どういう訳だかあまり疲れない
杖なしだったら途中で心拍数があがって
呼吸を整えるのに2回ぐらい立ち止まるけれども
杖をついて歩くと
山の上まで歩いても呼吸は乱れない。

登山の人が杖もって歩いているのは
ダテじゃなかったんだなぁ…

やっぱり、なにごとも
上手い人の真似をするって
大事ですねぇ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月26日(Thu)▲ページの先頭へ
ドローン・ドライヤー
ドローンに触ったことが無いので
想像だけで書いているけれども、

たとえば、ドローンを
じぶんの頭上で固定して追尾させれば
いつの間にか髪が乾いていて便利な
自動追尾ドライヤーにだって
なるんじゃないのかな?

かるく遠赤外線なんか当ててくれたりしてね

すると 朝、時間がないって人が
ドローンで髪を乾かしながら
通勤していたりするようになる。

はじめは、マナーがなってないとか
いろいろ言われたりするだろうけれども
ほとぼりがさめると、
どうせ頭上に浮いているのだから
天使の輪のようなデザインがかわいい!とか
そんな商品がでてきたりして、

ある意味リアルな天使の輪を
頭に浮かせている人がいても
当たり前の時代がくるんじゃないか?

髪が多くて乾かすのが大変な人には
あったらうれしい夢物語でしょ?

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市


2017年10月25日(Wed)▲ページの先頭へ
気づくこと
おそらく、
何かに気づきたいとき、

そういうときは、誰でも
気づきたいと思うものをじっと見ている。

じっと見ながら、
どうなの?と様子をうかがう。

そして、
じぶんの内面で感じていることのような
目には見えないものを気づきたいときには 
そっと目を閉じる。

こういう気づくためにしていることって
つい忘れてしまいがち。

人は誰でも気づく能力をもっていて、
もちろんこれも磨かなければ
曇ってしまうものだけれども
学校でも社会でも教えてはくれないし
そういう知識をまったく持っていない人も
結構いるはずで、

それこそ、
それに気づくことができない人たちは
日々の気づきから得る恩恵にあやかれないことも
多くなってしまうのではないのかな?

できるだけたくさん
相手のことを気づけるようになれば
けんかやイザコザは起きないと思うのだけど
どうでしょうね。

相手のことに気づくちから、とは反対の
相手に気づかせるちからを使っていたりしてね
でも、気づかせるのは難しいでしょ?
かりに、気づかせたとしても
それがこちらの思い込みかもしれないし、

それに
相手に気づかせようとするのは
理解することとは逆方向だったりするから
そもそも、いいことではないと思います。

「気づき」をみがいて
いろんなことに気づいてあげられる人になる。
それだけでいいかな。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月24日(Tue)▲ページの先頭へ
夕方の山歩き
陽が沈むのが早くなった。

夕方の5時から愛宕山を歩きだすと
太陽はもう沈みかけていて
それでも
まぁ、たぶん
月が照らしてくれるから大丈夫だろうと
歩きでゆっくりと上っていくと
足元がよく見えないくらいに暗い。

どうなっているのか見上げてみると
月は、まるで
釣り針のように薄くなった三日月で
ぜんぜん明るくない。

気づけば、11月もすぐそこ
そりゃぁ5時過ぎたら暗いのも当然だ。
しかし、こうして来たからには歩く。

リラックスと集中をもとめて
静かな山道を歩いているのに
あたりがこうも暗いと
ヘビがいやしないか?と
気になっているじぶんがいる。

静かな山道であっても、
あたりが暗すぎるとヘビがでそうだし、
草木が深すぎると虫がでそうだし、
人里から離れすぎていると
野犬やいのししがでそうだし、
自然界の邪魔がある。

じゃぁ家でいいじゃん、となるかといえば
そうでもなくて
家だと仕事や家族やパソコンや本や冷蔵庫や
なんやかんや、人間社会の邪魔がはいる。

真にリラックスと集中をもとめて行くなら
どこがいいのだろうか?と
テクテク歩きながら、ぼんやりと考えてみる。

自然界や人間社会の邪魔が
はいりにくい場所というと
とっさには
愛宕山か長浜の海辺ぐらいしか
思いつかなかったけれども
探していたら、他にもありそうな気もしている。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月21日(Sat)▲ページの先頭へ
ギブ&レシーブ
考えてみると、世界は
ギブ&レシーブによってなりたっている部分が
多いような気がしている

レシーブというくらいだから
上手い下手があって
直球で返すこともあれば、
ふわぁ〜としたもので返す場合もある、
相手にピッタリ返すこともあれば、
となりの人にいくこともあるあろうし、
ずっと遠くに行ってしまうこともあるでしょう。

レシーブの手数が多い人もいれば
滅多に返さない人もいる、

それは植物でも同じで
太陽から受けた恩恵で
花を咲かせたり作物を実らせたり

夏野菜、冬野菜、
春に咲く花もあれば、真冬に咲く花もある。

タンポポなんて種類がいろいろあるから
なにげに一年中どこかで咲いていますね。

なんでこんなことを書いているのかというと
ギブ&テイクとどこがちがうのか?
というのを考えていたのです。

レシーブのほうが他所にも飛び火しやすいから
これ、コミュニケーションのことで言えば
広がりが生まれやすくていいのかなって思います。

ずいぶん昔に贈ったことが
巡りめぐって、
思いもよらないところから返ってきたりするのは
感動しますね。

直接返ってくることを期待するよりも
誠実かな?って気がしています。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市
へあーぐーぐーのブログ


2017年10月20日(Fri)▲ページの先頭へ
たちどまって考える
じぶんの内側からの変化は
素直に受け入れることができるけれども、
外側からくる変化って
受け入れにくくないですか?

「あぁーもう寒くなったなぁ」とか
肌で実感できるものなら
すぐに反応できるけれども、
「世の中は今、こうなっているんですよ」
的なことは
ちょっとどう反応ていいものか
わかりにくかったりします。


どんのような変化にも
転換点があると思うのですが
現在は情報やモノやお金の流動性が
以前にくらべるとはるかに増していて
転換点がものすごい頻度で
やってきているように感じます。

しかし、
変えてはいけない部分というのも
あるんじゃないかな?という気持ちもあって
心が揺れ動いてしまい
一歩進んでは戻り、
たまに戻ることを忘れたときにだけ
前へ進んでいるような気がしています。

ものの見かたによっては
進んでもいいし、このままでもいい。

ただ、
ずっと未来はどうなっているんだろうな?とか
考えてみると、
少しは進まなければいけないような
気もしますね。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月13日(Fri)▲ページの先頭へ
価値判断の基準
生まれたばかりの人間の価値判断は
お腹が空いたとか、トイレにいきたいとか
ほぼ じぶん中心にできているけれど、

それが学校に行くようになると
友達と同じものがほしくなったり、
テレビや雑誌で見たことの
マネをしてみたくなったり、

それがもっと高学年になると
尊敬できる身近な人や、
すばらしい人が書いた本から影響をうけて
人生設計してみたりするようになる

このあたりの価値判断は
じぶんの外にあるといえなくもない。

そして、社会にでて
ひとりの大人として生きていると、
今まで持っていた思い込みでは
つじつまが合わなくなってくることが度々おきて
人生が思いどおりにならなくなることもある。

そこから
じぶんでは常識だと思っていたことのなかで
どうもおかしいな?と感じたことなどを
現実と照らし合わせながら
じぶんの常識を作り変えてゆく、

このあたりの価値判断はじぶんなのかもしれない。

いま、ぼくは

じぶんの中からでている価値判断と
じぶんの外からきている価値判断とを分けたら 
なにが見えるかなぁ?って考えています。

外からやってくる割とどうでもいい価値判断だけが
他人とちがっているだけなのかもしれないなぁ、、

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

「あの人とは価値観がちがう」と思う時って
外からの価値判断をみているからで
内側からの価値判断はおんなじかもしれないね。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市
へあーぐーぐーのブログ


2017年10月10日(Tue)▲ページの先頭へ
気にしないこと
何か、
思いどおりにいかないことがあったとして

わかってくれない相手が悪い、ととるか

わからせてあげることが
できなかった自分に問題があるとしたら
どんなことだろうか?
と立ち止まってみるかでは

その先の未来でおきる出来事が
随分ちがうように思います。

当然、後者のほうが賢くてかっこいい、
けれども、
わかってくれない相手を責めるのは
どんな人の心にも
真っ先に発生するんじゃないのかな?
回避するのは難しいでしょう

立ち止まって考えて
うまくいったことのある人なら
そこから苛立ちを堪えて
冷静に自分にできることを考えるのでしょうけれど

それができる人というのは
想像するに
『気にしないこと』ができる人、

いったん気になったものを意識的に切断できる人、

もっと短く言うと『ガマン』

もし、そうだとしたら
今の豊かな時代の人たちには難易度が高い
モノの少ない昔なら、
多少我慢することなどは日常的なことですが
今はモノならコンビニやアマゾンがあるし、
情報ならスマホやパソコンがあるでしょう
我慢の習慣がない人がほとんど、

でも、なかには我慢のできる人っていますね
ほんとうに素敵な人だと思います。
どうやってそれを身につけたのか?
そこが気になっています。

そこは気にしてもいいでしょう。
大事なところだし、

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←


2017年10月09日(Mon)▲ページの先頭へ
遊びの目線
子供のころは美容室の店内でよく遊んだ

母には嫌がられていたのかもしれないが

カーラーやパーマにつかうロッドや
輪ゴムなどを見ていると
想像力や好奇心をくすぐられて
気になったら手にとって
カチャカチャと遊んでいた。

そもそも、カーラーは仕事の道具なので
遊び方なんてあるはずもない。

遊ぶ、というよりは
こうしたら面白いんじゃないか?とか
遊び方を考えることが楽しかった。

今でも、どちらかといえば
遊ぶより遊び方を考えるほうが楽しい
しんどい事も遊びととらえると
乗りきれる場面が生まれたりすることだってある。

苦手なことと遊びをつなげる。

これがうまくできたら
ちょっとときめきませんか?

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年10月05日(Thu)▲ページの先頭へ
価値観を他人にゆだねることの危うさについて

秋のもよう替えをしていて
ふと身の回りを見渡してみると、
”過去のじぶん”による
価値観を他人にゆだねていた痕跡が
あちらこちらにあったりするものだから
どんなことがあったんだっけなー、と
ふりかえってみていました。

『価値があるもの』のなかには
他人が価値がある、と きめたものと
一般的には価値がなさそうだれども
じぶんにはどうしても必要なものだ
という2種類にわかれているように思います。

ゲームだと、

『レア』『激レア』『レジェンド』

こういう言葉がついているものは
他人が価値をきめているから
それに乗っかってゆくなら、
そうなんだなと思うしかない。

あそびだからって油断はできなくて
じぶんのあそびかたを持っている人は
激レアカードなんて持っていなくても
持っているものの中で
自由にあそびかたをみつけて楽しんでいるけれど、
あそびかたを他人にゆだねている人は
このレアカードがないとつまらない、って
思い込みからぬけられなくて
苦しむことがあったりもする。

その苦しみは
価値観を他人にゆだねなければ
生まれてこなかったもの、な はずです。

すごく価値があるように見えても
ふと我にかえって
じぶんの価値観と照らし合わせてみると
なんの価値もない、なんてことも
あるんじゃないのかなぁ、

ぼくの経験でたとえると
ある日、学生が2人カットにきました。

席について、
「きょうはどうしますか?」 と訊くと

「友達が短くカットしたほうが似合うっちゃね?
 と言うので 来てみたけれど、
 どうしたいとか思いつきません」

といいました。

それで、
待合にすわっている友達に訊くと
「肩ぐらいの長さで 
 めっちゃ軽くしてあげてください!」と、
カットする本人よりも意欲的です。

ぼくは失敗しないように
少しカットしては「こんな感じ?」と確認して
時間をかけて丁寧にカットしたのだけれど
お客様ご本人は なんともさえない顔をしている。

考えてみれば それもそうだ。
オーダーしたのは後ろにいる友達、
カットしたのは技術者、
本人は価値観を他人にゆだねて
運に身をまかせていた訳だから
第三者からみたら素敵にみえても
本人には違和感しかないことだって
起こりうる。

そこから ぼくは
これをどう解釈しようかと
あれこれ考えて悩んで
ようやく、
『価値観を他人にゆだねることの苦しみ』を
理解しました。

ヘアースタイルであれば
流行を意識することも大切ですが
雑誌をみて
本当にじぶんに似合っているか
髪質に合っているかも相談せずに
オーダーしてしまうのは
たまたま目にとまった雑誌の記事に
価値観をゆだねてしまっているといえるでしょう。

最後に決定したのはじぶん、だから
じぶんの価値観のように 
うっかり 感じてしまうけれども
本当にそうなのか?意識してみると、
おもしろいかもしれませんよ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

プロスポーツ観戦していても、
勝ったのは他人なのに
じぶんが勝ったような気持ちになるよね。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市



2017年09月30日(Sat)▲ページの先頭へ
物語が人の中身を変えている
 カツ丼のたまごは半熟がいい
と思っている人に
よーく火をとおしたカツ丼をだしたら
がっかりするだろうし、

逆にしっかり火をとおす派の人のカツ丼の
たまごが半熟だったら
うわぁ、ってなるかもしれない。

そうですよね。

だからって、その人たちが
生まれつきそうだったって訳ではないと
思うのですよ。

きっと、そう思うようになった出来事があって
そうなったのでしょう。
遺伝もあるのかなぁ、
それは わからないけれども。

前髪の長さも
同じように何か出来事があって
長いのがよかったり、短いのがよかったり、
生まれつきの好みではないはず。

それで思ったのは

物語が自分の中身を変えているのだとしたら
何か自分の考え方に 
欠点のようなものがあって嫌だったら
それを変えてくれる物語をつくればいい、
ってことになりませんか?

自分はそういう人間なんで、、、って
きめつけていた人も
まだまだ選択肢があるんじゃないのかな?

物語をつくるとなると
登場人物はいろいろ必要だし、
理想に近い物語をいろいろ知っておくことも
大事かなって思いました。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
勘違いするのが普通、の世界
ヘビにかまれて死ぬ人よりも
自動車の交通事故で亡くなる人のほうが
多いらしい。

それでも、
ヘビのほうが怖いと
感じてしまうのは何故だろう?

もうひとつ言っとくと
日本のここ20年間の自殺者数を
累計すると
アウシュビッツ収容所の死者よりも多いのだと
主張する人もいる。

けれども、
ナチスよりも日本社会のほうが怖い
なんていう話しは聞いたことがない。

モノの見かた?には
まちがいないけれども

ほとんどの人が
何かしら勘違いしたまま生きていて
それを問題にしなくても
なんとかなる。

ということなのかなぁ…

どうせ勘違いするのなら、
みんなが幸せに生きてゆけるような
勘違いにしたいものですねぇ

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年09月26日(Tue)▲ページの先頭へ
youtubeで動画を探してみてね
何かを伝えるときは
動画が一番よさそうだと思っていたけれども
誰もが見ただけでパッとわかる訳でもないよな
って思うようになった。

奥が深いもの、とか
どんなに真似しても
うまくいかないことってあるもの、

受け手がすでに持っている情報量によって
すぐにわかる人、すぐにできるひと
のみこみにくい人、わからない人に
わかれてしまうから
教えてくれる人がそこにいて
その人に足りない情報を補足しながら
理解できる言葉で説明してくれるというのが
一番理解しやすい方法かもしれない

それでも時間やお金のことを気にせずに
いくらでも習えるとなると
動画のほうが優れている面もあるし、
やっぱり どっち、とは言えないかなぁ…

本や動画をわたす、よりも
言葉と身振りで伝えたほうが
伝えるひとにも
成長するメリットがありそう。
というのが
今日ちょっと思ったことでした。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ



2017年09月24日(Sun)▲ページの先頭へ
経験によって変わる視点

ネットをなんとなく見ていたら
こんな画像が目に飛び込んできた。


(ツイッターのタケシさんより引用)

この画像の下には
こんな売り方は常識がない、みたいな
批判的な意見がならんでいる。

たしかに、
ぱっと見たとき 
そりゃないだろう、と思ったけれども
それは
お皿に盛ってあるメロンをたべる側の視点で

お皿に盛る側からみたら
メロンを切るとき、
種のところはどうせ捨ててしまう
その種をとってくれていて、
その空いたところにミカンまでつけてくれている。

そう考えたら、

「なんだ この人、有能じゃん!
 なんかもう近くのスーパーでも
 こんなふうにやってくれないかなぁ、」

と思ってしまう人だって
いるんじゃないのかなぁ。 

だからといって
メロンを盛ったことのない人からみたら
やっぱり雑な仕事にみえてしまう訳で
せっかくのひと手間を
残念に感じてしまうんですよねぇ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ



2017年09月22日(Fri)▲ページの先頭へ
ぼくの時間
ぼくにとってのぼくの時間は
スケジュール帳の空いているところである。

だから
スケジュール帳が予定でいっぱいだったら
じぶんの時間がなくなって
生きにくくなる。

ということに気がついた。

なにか、スケジュールというと
予定でいっぱいなのを自慢する人もいたりするから
良いことのように思っていたけれども
そんなことはまったくない。

ごはんを食べた後に
ゆっくり本が読めたら幸せだし、
朝の過ごし易い時間にお客様が来てくださったら
これもうれしい。
ものすごく忙しかった後で
夕ご飯の買い物へ行けるゆとりも幸せだろう。


もしも、問題が生まれるとしたら
毎日がスケジュールでいっぱいのときか、
もしくは
ほとんどスケジュールがないときだろう。

つまり、
スケジュールはバランスで良し悪しがあると
ぼくは思っている。

それで、
いろんな人のスケジュール帳をみてみたくなった。
興味があるのは仕事の欄ではなく
どのタイミングで
どんなふうに休息をとっているのか?

仕事でスケジュールが詰まっている人がいたら
どこを見直す必要があるか考えると
面白いかもしれない。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ


2017年09月19日(Tue)▲ページの先頭へ
楽と楽しい
楽で楽しいこと、って
よくよく考えてみると
ありそうでいて、
実のところ、ないんじゃないのかなぁ

まぁ、世の中には 
いろんな「楽」や「楽しい」があるから
無理して分けなくてもいいとは思うけれども、

楽なことって だいたい単純なことで
飽きてしまうでしょ?

楽しいことは そこに行き着くまでが
結構大変だったりするし、
他人からみたら
ずいぶん大変なことをやっているなぁ、って
思われることも多い。

楽なことは楽なだけで楽しくならないし
楽しいことは楽しいけれども楽じゃない。

んー何言ってるのかよくわかんない。

つまり、
他人が楽しそうにやっていることなら
少々大変でも
続けていたら楽しくなるのかなぁ?って疑問です。

休日に山歩きも楽しそうだなぁーと思って
行縢山を登ってみたら
しんどくて全然楽しくありませんでした。

でも、もしこのまま何日か続けていたら
そのうち楽しくなるのかなぁ?って
ふと思ったので
こんなことを考えてみましたよ。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

へあーぐーぐーのブログ

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市 


2017年09月14日(Thu)▲ページの先頭へ
海底47m
『海底47m』という映画をみました。

どういう映画でも
うまい具合に引き込まれると
作り手が映画にして伝えたかったものが
伝わって、感動なり、驚きに変わるんだなぁ、
って思いましたね。

まぁ、わかりやすく言うと
引き込まれましたよ、
驚いて、何度か跳びあがりました。

「たぶん、サメがでてきて、、
 ぼくは跳びあがるんだろうな…」

と思っていると、そのとおりになる。

そういう、なんというか
期待を裏切らない映画でした。

今日も、ここへ来てくださって ありがとうございます。

トップページへもどる←

縮毛矯正、ヘアカラー、エクステ、延岡市

へあーぐーぐーのブログ